Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/owlon-toybox/www/hoken-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/search-everything/config.php on line 29
生命保険営業マンへの転職って大変?生命保険営業マンへの転職のメリット/デメリット|保険のお仕事.com
セールス

生命保険営業マンへの転職って大変?生命保険営業マンへの転職のメリット/デメリット

皆さんは保険の営業マンって聞くと何をイメージするでしょうか?

多分、グイグイっと自分の意見を強く主張する人、知識豊富でとても物知りで頭が良い人。こんな感じのイメージがあると思います。私も最初はそういうイメージがとても強かったです。ですが、とても魅力的なお仕事でもあります。他の業種よりもとても働き甲斐のあるお仕事でもあるのです。

では、そんな保険営業マンになるメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

生命保険営業マンへの転職のメリット編

生命保険営業マンは給料の水準がとても高い

まず、挙げられることといえばお給料が高いことです。

厚生労働省が調べた結果保険業界の給与は平均して461万ほど。他の業種と比べると比較的高いといえます。同調査によれば大卒初任給の平均が21万なのに対して保険業の初任給は23万程(ただ、この初任給は金融業と一緒という扱いです)これだけをとってみてもやはりお給料は他の業種と比べると高いということができると思います。

さらに、保険営業の契約件数はそのままお給料に直結するので営業を行い、契約をとればとるほどにそのお給料は高くなります。それこそ、初年度、二年度とかでも月給30万、40万と言った高額なお給料を手に入れることだって可能なのです。働けば働いただけお給料に直結することができる働き甲斐のある場所だといえます。

他の職の営業よりも独立しやすい

保険営業の場合、課長や部長と言った上の役職を目指すこと以外に独立して保険代理店として働くことができる、という選択肢もあります。ほかの業種では独立するのに物凄い苦労などが存在しますが保険営業の場合比較的容易に出来ます。もちろん様々な資格試験や実技と言ったものが必要とはなりますがこちらもしっかりと働きながら学べるものが多いので将来会社内で上り詰めるのもなぁ、と思った方がいたらいっそ独立を狙ってみるのもありだと思います。

上のメリットにもつながりますが、独立するとさらにお給料の面もすごくなります。年収としてみるなら新人であっても年400万を狙えます。それこそ敏腕保険営業マンになれば年1000万以上もありえるのが独立です。

とにかくお給料が高いのがメリットとして強いです。

法人営業に使える!生命保険の営業マンが知っておくべき「会計」基礎知識会計の知識について、「身につけたほうがいいのはわかるけど、何となく難しそう…」と敬遠してしまう方は意外と多いのではないでしょうか? 会計を勉強するメリットとして、どの顧客や企業にどれだけの力を注いで営業すればいいかがよくわかるという点があります。 そこで今回は、「会計の基礎知識」について、あまりご存じない方にもわかりやすいように解説してみたいと思います!...

生命保険営業マンへの転職のデメリット編

ここまではメリットのを挙げていきましたので次にデメリットの面は何かについてです。

メリットの面を見れば人気職、多くの人がなってみたい!と思うような面ばかりでしたが実際に調べてみれば保険営業職になりたい!という人はそこそこ程度、というのが現実です。なぜこの様に理想と現実がかいりしているのか。それではこれからは保険営業職におけるデメリットを挙げたいと思います。

  1. 離職率が高く感じる。
  2. 強靭なメンタルが必要となる。
  3. 休みがないと感じる。

これら三つの理由が大きな原因となると思います。一つずつ解説をしていきたいと思います。

離職率の高さ

ネットの声を見ると、周りの人の8割9割の人が辞めてしまっているという声が多いです。

でも、本当に離職率がそこまで高ければ厚生労働省から是正勧告がきます。なので実際はそんなに酷すぎる離職率ではないのです。ただ、他の業種であれば新人から古参の人まで平均して退職者が出ているのに対して、保険営業は新しく仕事をし始めた人の退職者が少し多い傾向にあります。

だから同期の人が仕事を止めてしまったのを誇張しているところがありますが、それでもやはり高い離職率というのはあるのでそこは大きなデメリットとなります。

強靭なメンタルが必要

営業職全般の人に言えることですが、訪問したり電話で会う約束をしたりするのはとても難しいです。

それこそ、10人の人にお話してくださいと言っても全員から断られてしまうことも往々にしてあります。勿論、このような場合は十全に自分が悪い、という訳ではありません。相手にも都合があり、予定があるのですからしょうがないのです。なのでそのような時、自分が悪いんだという風に思ってはいけないです。とはいえ、保険営業の印象は実際のところあまり良い物ではないというのが現状だったりします。それはやはり契約を取らないといけない、是が非でも契約を取って来いと命令を受けている営業マンの方が多くそれゆえに少々強引過ぎる手法を取ってしまっている人がいるからだと思います。良い印象を持たれていなく、さらに契約を一つも取れないで上司からの叱責を受けてしまう。そんな毎日を過ごしていると心がやんでしまうかもしれません。

こういうことをいちいち気にしないで諦めずに契約を取りに行くこと、そして強靭なメンタルやすぐに頭を切り替える事ができるのが大事なんだと思います。

休みがないと感じる

これはある意味で言えばいた仕方がない部分から出るデメリットです。

一般企業の人の休みといえばやはり土日です。という事になれば会う約束をして実際に会えるのは相手の方が仕事中ではない時間、土日ではないと会えないといわれるのは普通にあり得てしまうことです。なので土日も仕事をしないといけない事が多いのが現状です。もしくは平日に会う約束ができた所で会える時間が19時だったり20時だったりの仕事の時間外という事もまた往々にしてあります。一週間のスケジュール、一月のスケジュールを綿密に組める方でないとやはり、休みが少ないと感じる要因となってしまうと思います。

生命保険営業マンへの転職って大変?生命保険営業マンへの転職のメリット/デメリット【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回はとても魅力的なメリットとそれに匹敵するほどのデメリットを書いていきました。

お給料が高かったり、独立しやすかったりするのは他の業種から見ればかなりのメリットといえるお話です。しかしそれに付随するデメリットもまた大きなものです。営業、それも契約を取らないといけない部分はどうしても相手の予定を自分の予定に組み込まないといけない部分が多くあり自分の思う様に行かないこともあります。それでも、やはり魅力的なメリットがあるので転職をして、一国一城の主を目指す、というのもいいのではないかと思います。

生命保険営業マン必見!年収アップのためのマーケティングフレームワーク10選 営業成績が上がらない、どうしたらもっと売れるんだろう・・・・ 営業成績に伸び悩んでいる保険営業マンも多いかもしれません。 ...